東京ディズニーリゾート「シンデレラ城」 新アトラクション発表

東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドは7日、千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)にそれぞれ、新アトラクションを建設すると発表しました。

東京ディズニーリゾート「シンデレラ城」 新アトラクション発表

東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドは7日、千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)にそれぞれ、新アトラクションを建設すると発表しました。

東京ディズニーランド(TDL)に新設されるのは、敷地中心部にあるシンデレラ城を舞台に「シンデレラ」のストーリーをジオラマや絵画で再現するウォークスルータイプのアトラクション。名称は未定ですが、総額20億円を投じて、2011年にオープンする予定です。

東京ディズニーランド(TDL)シンデレラ新アトラクション東京ディズニーランド(TDL)の新規アトラクション

また、隣接する東京ディズニーシー(TDS)には「アメリカンウォーターフロント ニューヨークエリア」に3Dメガネをかけて立体映像が楽しめる「トイ・ストーリー・マニア!」も建設中です。

「トイ・ストーリー・マニア!」は乗り物に乗ってディズニー/ピクサー映画「トイ・ストーリー」のキャラクターとともに立体映像のターゲットを狙うアトラクションで、総額115億円をかけて2012年に開業の予定です。

東京ディズニーリゾートでは、今年10月に「タートル・トーク」(TDS)、11年に「ミッキーのフィルハーマジック」(TDL)がオープン予定など、東京ディズニーリゾート(TDR)はますます魅力的なリゾート地とし発展して行きそうです。

高速渋滞回数が倍増 ETC料金引き下げで

高速渋滞回数が前年比倍増になるなど、ゴールデンウイーク(GW)期間中(4月25日−5月6日)の高速道路利用状況が高速道路各社より発表されました。

ゴールデンウイーク高速渋滞回数が倍増

ETC(自動料金収受システム)利用者を対象とした料金値下げ後、初の大型連休となったGW期間中(4月25日−5月6日)の渋滞の発生回数は昨年(2008年)に比べて倍増となりました。

土日祝日に普通車以下の上限を千円とした地方高速道路の1日平均交通量は前年比で約1.2 倍となり、GW期間中に発生した30キロ以上の渋滞は58回で、28回だった前年に比べ約2.1倍にも上ったとのことです。

東日本高速道路会社が運営する渋滞予報カレンダーによると全国の高速道路で5km以上の渋滞が発生した回数は、

5月 1日 (金) 35箇所で渋滞
5月 2日 (土) 106箇所で渋滞
5月 3日 (日・祝) 139箇所で渋滞
5月 4日 (月・祝) 138箇所で渋滞
5月 5日 (火・祝) 101箇所で渋滞
5月 6日 (水・祝) 43箇所で渋滞

改めて今年のGW期間中の高速道路の混雑ぶりがうかがわれます。

30キロ以上渋滞の高速道路情報はこちら

高速渋滞回数が倍増 ETC料金引き下げでの続きを読む

ニュースな話題:2009年05月の記事

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

Copyright (C) 2007 All Rights Reserved ニュースな話題